現代川柳 琳琅 No.168
幾山河 ― 本号正会員作品より (細川不凍)
プレリュード (細川不凍)
正会員作品 琳琅
作品の淵にて (岩崎眞里子)
随筆「阿波の夢人 岸下吉秋」 (みとせりつ子)
エッセイ「弾圧史の断片」(古谷恭一)
逍遥遊「不在という存在」 (杉山夕祈)
雑詠 青帆集 吉見恵子選
プシュケー「軽みへの道標」 (岩崎眞里子)
寄稿「美術史家にとっての作品とは何か」 (泰井 良)
三つの読後感  ― 前号より
   (伊藤寿子・吉田州花・岩崎眞里子)

随筆「巡り合う 言葉たち」 (佐々木彩乃)
琳琅ダイジェスト168-①
琳琅ダイジェスト168-②
News!とエッセイ
2021年6月10日  今年の梅雨入りは例年に比べて早かったものの、そのあと梅雨の晴れ間となって、からっとした見事な青空が広がった。このチャンスを逃すまいと光の中へ自転車を走らせた。自転車は風を感じられるところがいい。広々としたヨットハーバーは人もまばら。マスクを外して、海風を心ゆくまで胸一杯に吸い込んだ。
 琳琅ダイジェスト168-②のご紹介です。こちらからどうぞ→
2021年5月10日  5月の連休が終わるとそろそろ衣替えの時期かなと思います。そう言えば学生時代の衣替えと言えば、6月1日。制服の場合、いっせいに紺のセーラー服から、白いブラウスとスカートに替わりました。教室に入ってきた先生が「皆さんの白がまぶしいです!」と。今はコロナの影響で、外出も人と会うことも少なくなり、着ないまま次の季節に移る服も何枚かあります。四季折々の服を楽しめる日が待ち遠しいです。
 琳琅ダイジェスト168-➀のご紹介です。こちらからどうぞ→
2021年4月10日  春、4月はどこか新鮮な気持ちになります。新しい何かが始まりそうで、それは子供の頃、新しい学年を迎えるドキドキ、ワクワク感と似ているかもしれません。新しい学年、新しい教室、新しい教科書、新しい友だち…。昨年に続き、今年も思いっきり桜を楽しむことはできなかったけれど、自然と気分が弾んでくる。
 Spring has come! 琳琅ダイジェスト167-2のご紹介です。こちらからどうぞ→
7 1 4 9 7

PAGE TOP