琳琅 No.166 2021年1月号より②
乗り継ぎは此処のようです 芒駅みとせりつ子
 「芒駅」は現世と冥土を繋ぐ駅。つまり死者の魂の立ち寄る駅と解釈できる。娑婆世界から極楽浄土に至る間には、十万億土もの数の仏国土がある。そんな気の遠くなるような旅を続けなければならない魂への、暫しの休息を願う駅なのだ。作者の情の深さと美意識の相乗的所産と云えよう。〈細川不凍〉
水澄んでひとりにかえる刻をもち松田ていこ
 体内の水が澄む(快方へ向かう)と共に、周囲の環境も整ってきたのだ。そして、心置きなく自分自身と向き合う作者がここに居る。澄んだ水から滴るのは佳汁だ。〈細川不凍〉
千の風千のタルチョをはためかせ氈受  彰
 「タルチョ」は、チベット仏教の五色の祈祷旗である。マニ旗とも呼ばれ、青、白、赤、緑、黄の順番で繰り返し長い紐に取り付けられてゆくが、それぞれは、天、風、火、水、地の五大を表現している。チベットでは、家の屋根の上や寺院の屋根の上、山頂や峠などに、魔除けと祈りの旗として掲げる。この旗が風に靡くことで、読経をしたことと同じとされる信仰である。もしこの句が、自分一人だけの祈りを詠んだものであるなら、ひとつのタルチョで足りることだろう。この句の「千のタルチョ」は、コロナ禍収束への人類の祈りを視覚化したものと思われる。一日も早い、元の日常を願う世界中の人々の思いを、空を吹き渡る「千の風」に、地球上を覆うかのような「千のタルチョ」で表現したようだ。〈吉見恵子〉
染めかえは効かぬ女で黒が好き松村 華菜
 「黒が好き」な自分を、染め替えは効かない女だと思っている。これまでは染め替えをした経験もあったのかも知れないが、これは自立した女性を詠んでいるようだ。黒色から、染め替えの効かない自画像を描いている。〈吉見恵子〉
誰しもがドミノ倒しの一つ目よ姫乃 彩愛
テーブルの水滴は海そんな冬姫乃 彩愛
 1句目。誰しもドミノ倒しの一つ目にはなりたくないもの。しかし誰しもその可能性を有するのは確かだ。次々と感染して発生するクラスターは、悪夢のドミノ倒しだ。危機意識からの鋭敏な表現である。
 2句目。俳人の西東三鬼は、水枕に寒い海を見た。そして柳人姫乃彩愛は卓上の水滴に冬の海を見た。その水滴は涙の雫ではなかったか。それでも、「そんな冬」と客観的に捉えることのできる冷静な自分がいるのは、表現者の強みだ。〈細川不凍〉
一枚の鯣炙れば望郷詩古谷 恭一
月冴えて魚の名さえも銀化する伊藤 寿子
両の手の花びら宇宙満たされり松井 文子
夕焼けの匂いに咲いた雪の一片岩崎眞里子
逃げ水に溺れて以来水嫌い細川 不凍
蝋燭を吹き消すくちびるみじかき世西条 眞紀
鯖のあお秋刀魚の青と冬が来る吉見 恵子
唐辛子吊るすキッチンの定位置吉田 州花
ひび割れた詩集からヘッセの枯れ葉佐々木彩乃
胡座かく「ホモ・サピエンス」檻の中中嶋ひろむ
蛇一匹飼い慣らして棒になる宗村 政己
これ以上行くな往くなといのこずち重田 和子
2021.2.9

PAGE TOP