News!とエッセイ (2020年)
2020年11月10日  窓から見える山の樹々も街路樹も少しずつ紅葉して、秋が深まってゆくのを実感します。紅や黄に鮮やかに彩られてゆく山は、まるでお祭りのよう。年によって紅葉の色は微妙にちがうけれど、このお祭りを経て、冬になり、また春を迎える。木々も冬を迎えるにあたり、色とりどりに着飾り、奮い立たせているのかなと思います。私も気持ちを上げて、冬を迎えたいと思います。
 165-1のご紹介です。こちらからどうぞ→
2020年10月10日  電車の中の過ごし方が、以前と変わりました。前はメールのチェックをしたり、本を読んだり、句会が近ければ句を作ったり…と、何かしていないともったいないような気になっていました。けれど、コロナのことがあって、一時は全く電車に乗らなくなり、それが最近また乗り始めて、下を向いて何かをする方がもったいないように思えました。窓を流れる景色を何も考えずにぼーっと眺めたり、換気のため少し開けられている窓からの風を感じたり…、そう、ぼーっと感じていることが心地よい。電車に乗ることが楽しみになりました。
 164-2のご紹介です。こちらからどうぞ→
2020年9月10日  9月になると、風にも秋の気配が、気持ちがいい。買い物の足取りも自然と軽やかになります。ふと、ショーウィンドウに映った私を見ると、「えっ?!マスクは?」。なんとマスクなしで飛び出したのでした。マスクはいつも鍵といっしょに置いているのですが、その日はどういう訳かそばになかった。どうりで涼しく気持ちよかったわけです。さて、どうしよう。このままマスクなしで買い物へ行くか…。結局、取りに帰りました。やれやれ、です。マスクをすると、やっぱり暑い!  164-1のご紹介です。こちらからどうぞ→
2020年8月9日  夏の暑い日に飲みたくなるのが、クリームソーダ。メロンソーダにアイスクリームが浮かんで、さくらんぼがちょこんと乗っている、アレです。氷の触れ合うカランという音と、ソーダのはじける音がいかにも涼し気。で、今どきのクリームソーダを検索。オシャレなクリームソーダが続々。ネーミングも「夢から覚めて運命ひきよせるクリームソーダ」「ゆらめくメロディー空に放ってクリームソーダ」……。どんなクリームソーダかは見てのお楽しみ。私が気に入ったのは「夕日が沈むころの空と海のクリームソーダ」。
 涼しくなったところで、163-2のご紹介です。こちらからどうぞ→
2020年7月10日 月初めに、その月に合った行事や事柄、言葉を調べようといつも思いながら、できないままになっていることが多いです。雨の季節になりました。雨の名前を調べることに。日本では雨の名前が400以上もあるとのこと。降り方や降る時期、時間帯、また季節や感情によってもさまざまな呼び名で呼ばれている雨。春なら、桜雨、花時雨…、梅雨の時期には走り梅雨、卯の花腐し、…七夕に降る雨は洒涙雨(さいるいう)というそうです。恵みの雨を表す翠雨、慈雨、瑞雨等。ここ数年この時期に襲う雨は、大雨、鉄砲雨、ゲリラ雨、集中豪雨だけでなく、線状降水帯(次々と発生する発達した積乱雲)というものまで。サーっと降る夕立のあとに虹が架かる、そんな夏の雨であってほしいです。
では163-1のご紹介です。こちらからどうぞ。→
2020年6月10日 街には少しずつ賑わいがもどってきました。マスクも高めながら、一時の超高値に比べれば落ち着きつつある値段。何より、お店に並び始めたマスクを見るとほっとします。それにしても、マスクが出回ったわりには、なかなか手に入らなったときよりも、若い人の中にマスクをしていない人が多くなったような…。おそるおそる始まった新しい日常です。
では162-2のご紹介です。こちらからどうぞ。→
2020年5月23日 お知らせです! 新しいページ「琳琅バックナンバー」を加えました。
左のメニューから「琳琅バックナンバー」をクリックしてください。
その中の各号の表紙をクリックしていただくと、その号の「主な内容」を表示します。
こちらからどうぞ。→
2020年5月9日 スーパーのレジに並んでいたとき、隣りのレジに、カートのカゴいっぱいに食品を載せた80代くらいの婦人がいました。3つのエコバッグに商品がパンパンに詰められていて、一人で持って帰れるのかしらと気になって見ていました。するとご主人らしき人がスッと来て、「重いやろ。」と言って、レジ袋を二つ持ち、ご夫婦仲良く帰られました。お店の中が「密」にならないように、夫はお店の前で待っていたのです。何日かあと、私も夫とスーパーに行きました。すると、お店の前に何人か男性が。皆さん妻が買い物を済ませるのを待っているのです。私も一人で買い物をして、外で待っている夫に荷物を持ってもらい、お互い2メートル離れて帰りました。「自粛疲れ」なんて言っていられません。自粛はまだまだ続くのです。
では162-1のご紹介です。こちらからどうぞ。→
2020年4月12日 緊急事態宣言が出されました!買い物へは行きます。買いだめはしません。銀行へは行きます。句会へは行きません(ほとんど休会)。郵便局へは行きます。実家の片づけには行きません。夫は今日からテレワークです(たいへん!)。友人とのランチやお茶、がまんします。美容院は1か月がまんします。琳琅162号は発行します。琳琅ダイジェストもアップします。
では161-2のご紹介です。こちらからどうぞ。→
2020年3月10日 一週間ほど前のこと。デパ地下のスイーツ売り場がいつもより混んでいて、あるところは行列までできていました。なぜ?と思い、ショーウインドーを覗くと、苺が載ったお雛様のケーキが並んでいました。今日は3/3の雛祭りとそのとき気づきました。ここ数週間、コロナウィルスの話題で持ち切りで、季節の行事も忘れていた私。行列に並んでいた人たちはちゃんと覚えていたのです。桜の開花は例年より早いそうですが、桜は私たちを励ましに早く咲いてくれるのかもしれません。知らない間に桜が散っていた、なんてことにならないようにしなくては。
忘れずに琳琅ダイジェスト161-1のご紹介です。こちらからどうぞ。→
2020年2月10日 この冬はいつもなら2、3回引いている風邪を、まだ引いていません。いつもより暖かいせいかもしれませんが、私の場合は睡眠が大きい。睡眠が足りないととたんに翌日はしんどいし、なんだか寒く感じます。いかにも免疫力落ちているなあという感じ。寒さはこれからかもしれませんが、たっぷり睡眠、たっぷり食べて、ウィルスには負けないぞ!さらに川柳読んで作って、免疫力を高めよう!そうしよう!
琳琅ダイジェスト160-2のご紹介です。こちらからどうぞ。→
2020年1月8日 あけましておめでとうございます!
2020年、琳琅のスタートです!「りんろう」と読みます。ちょっと硬い?ちょっと偉そう?「王」が二つあるから?いえいえ、「りんろうりんろうりんろう……」と10回ほど唱えてみてください。優しく美しい鈴の音に聴こえてきませんか。新体制で新しい仲間を迎えてのスタートです。琳琅一同、心機一転、初々しい気持ちで、と思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。
では、さっそく琳琅ダイジェスト160号-1のご紹介です。こちらからどうぞ。→

PAGE TOP